電気メス分解法でのほくろ除去のダウンタイムは?気になる口コミも!熊本で手術できる?

長年気になっているほくろ、手術で除去してみませんか。ほくろはメラノサイトという細胞が集まってできるもので、さまざまな形や大きさがあります。今回紹介するほくろ除去法のひとつ、電気メス分解法は直径5ミリ以下の表面から盛り上がったタイプのほくろに適しています。そのくらいの大きさのほくろであればほとんどの場合1回の手術で完全に取り除くことができるからです。手術の手順としては、まず注射による局所麻酔を施します。次に電気メスでほくろの部分を切除します。このとき麻酔が効いているので痛みはなく安心です。

ただし、デメリットとしてこのとき焦げが肌に残る場合があります。残らずほくろ部分を切除したら、最後に軟膏を塗布し絆創膏で傷口を保護して終了です。手術時間が短いのも電気メス分解法の特徴です。ダウンタイムは1~2週間です。その間は絆創膏で傷口を覆う必要があります。さらに手術直後は皮膚が敏感ですので紫外線の影響で色素沈着を起こしやすくなります。必ずUVケアを忘れずに行いましょう。5ミリ以上の大きめなほくろにこの手術を施すと、色素が取り切れずにシミのように残ったり、手術部位が陥没してしまう可能性があります。大きいほくろの場合には医師と相談し切開法を選択された方が確実でしょう。

口コミの意見に多いのは、電気メス分解法は費用もリーズナブルで効果や安全性も高い手術なので、やってよかったというものです。それほどまでにほくろ除去では人気の方法といえるでしょう。顔のほくろはひとつ消えただけでも美人度が増すと言われています。これまでに比べてリスクは軽減されていますので、気になるほくろがある方はこちらの方法を試してみてはいかがでしょうか。熊本にお住まいの方はこちらからどうぞ。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー